キッチン・家事スペースの収納リフォーム|主婦のため・女性のための収納リフォーム|吉澤建設工業【埼玉・飯能】

キッチン・家事スペースの収納リフォーム

キッチン・家事スペース 家事の負担を大幅に軽減!

キッチン・浴室・トイレの収納リフォームで効率化を実現

家事の中心となるキッチンですが、最近では主婦だけでなく家族が一緒に料理や後片付けをする家庭が増え、家族コミュニケーションの中心となりつつあります。しかし、リフォームしたい場所の上位にも挙げられるキッチン。いろいろな面で不満が多い場所でもあります。
キッチンで多い不満は「狭い」「暗い」です。スペースを広げられなくても、視野が広がる工夫をしたり、扉付の収納にして色を統一するだけでも、広く感じられることがあります。
大きな道具類の収納から、小さな調味料などの小物家具まで、整理整頓しやすく生活に合わせたオリジナル収納を作ることにより、思いもよらない気持ちの変化に気づくことでしょう。

家事が楽しくなるキッチン

家族にも来客者にも“心地よさ”を

キッチンには家具の他に、調理に使う道具や食材、電化製品などがあり、大きさはもちろんの事、色や形もさまざまです。そのため乱雑に見えて散らかっているように感じたり、狭く感じたりします。
また、アイテム数が非常に多く、物の管理が大変なことも散らかりやすい原因です。

それを解決するのは緻密な収納計画になります。見た目がすっきりしていて、使いやすい収納プランは掃除もしやすく、在庫の管理も行き届くことになります。賞味期限が過ぎてた~なんてことも少なくなるはず。キッチンに立つのがウキウキしてきますね。
また、使う人が一人でない家では、誰もがどこにあるのかわかるように、また誰もがしまいやすい収納にすることも重要です。

キッチンでは、たくさんの動作を次々とこなしていかなければならないため、動線を考えた収納になっていないとストレスがたまる空間になってしまいます。 扉の開きの向きひとつとっても、大きな違いがでてきてしまいます。キッチンでは、一つの作業をしながら他の作業をするということも多いため、炊事に限らず、他の家事との動線も含めて考えると、効率がよくなり毎日の家事がスムーズになります。

収納リフォームのポイント

POINT01
キャビネットを活用し、小物に“特別席”を

よく使う小物は目線の高さに置きましょう。かぎられたスペースであるキッチンでデットスペースをなくすには、引き出しが効果的です。頻繁に使う物は膝あたりから頭ぐらいの高さに収納するのがおすすめ。膝より下にはときどき使う物やストック品、吊戸棚にはあまり使わない物を置くようにすると、ムダがなくなります。

POINT02
ストック品の収納場所をリフォームしましょう

ストック品は「同じものは同じところに」がキーワード。収納リフォームでは、収納を作る提案だけではなく、収納庫内のレイアウトやしまい方まで含め、生活する人の立場に沿ったプランをご提案しています。ストック品を一望できるようにすることで、余分に買い揃えてしまったり、古くなった食材に気づかなかったり、逆にたくさんあるのにまた買ってしまったという無駄を防ぎます。

家事スペースのすすめ

家族にも来客者にも“心地よさ”を

洗濯物を畳んだり、繕いものをしたり、または手紙を読む、書類を書くなど生活のさまざまな物事をリビングでするという家が多くあります。そんな時、家事スペースがあれば家事の合間に行うことが可能になります。プチ増築(畳1/4~1/2枚分)や他の収納、他の部屋の一部をキッチン側に取り込んで収納にしたり、家事スペースをキッチンの片隅に設けたり。お客様の目的に応じていろいろな方法が考えられますので、ぜひ吉澤建設工業にご相談ください。

キッチン・家事スペースのリフォーム事例をご紹介

家事グッズの収納
メイン画像
リフォーム部分 リビング
リフォーム費用
詳細はこちら
キッチン壁面収納
メイン画像
リフォーム部分 ダイニングキッチン
リフォーム費用
詳細はこちら
出窓スペースの活用
メイン画像
リフォーム部分 キッチン
リフォーム費用
詳細はこちら
キッチン横のパントリー
メイン画像
リフォーム部分 キッチン壁面
リフォーム費用
詳細はこちら

ページトップへ