リビング・壁面収納・押入れの収納リフォーム|主婦のため・女性のための収納リフォーム|吉澤建設工業【埼玉・飯能】

リビング・壁面収納・押入れの収納リフォーム

リビング・壁面収納・押入れ 共有の場所をより快適に!

家族が集い、来客を迎えるリビング。実は一番散らかりやすい場所です。

家族の全員が使うリビング。団らんしたり、テレビを見たり、または手紙を読む、書類を書く、趣味を楽しむ、勉強する、ゲームをする、ツメを切る、洗濯物をたたんだり、アイロンをかけたりなど家族の中心となる場所です。このようにリビングはいろいろな人が使い、いろいろな事をするためにたくさんの物が持ち込まれるので、散らかりやすい場所となります。
また、家族共用の物が置かれてる事も多いので「使いっぱなし…」なんてことになると、家族どうしでイライラする原因にもなります。反対に、便利な収納場所があればいつでもそこに戻す習慣がつき、「あれ、どこいった?」と家族間で探し回ることもなくなります。

リビングに大型収納を

家族にも来客者にも“心地よさ”を

上記のように書斎代わりになることも多いリビングでは、文房具や取扱説明書などをまとめる書類ケース、雑誌、本、アルバムなどを収納したり、ソーイングセット、救急箱などのケア道具が収納できる壁面収納のような大きめの収納がおすすめです。細かい家具でいっぱいになりがちなリビングには、天井まで扉があるような収納にすると、容量たっぷりな上にお部屋がスッキリとします。

押入れの収納リフォーム

多くの家では、押入れにはふとんや衣類の他、いただきものや季節家電など、たくさんの物がしまわれています。広いスペースなので多くの物が入るのですが、奥行きが深いため、奥の物がとり出しづらかったり、何が入っているのか分からなくなってしまうといったことが起こりがちとなります。入り口の向きを変える、奥行きを浅くする、扉を変える、棚板を変えるなどの収納リフォームを施すことにより、収納しやすい活きたスペースへと生まれかわります。

収納リフォームのポイント

POINT01
インテリア性を高めるデコレーション

収納リフォームなら、購入したテレビボードやパソコンラック、本棚などと質感・色調・高さを合わせてお部屋のコーディネートを行うことができます。壁面収納を作れば、それだけで存在感があるインテリアの誕生です。
オリジナルの壁面収納にすることにより、壁とのすき間の掃除がいらなくなるだけでなく、収納家具内にコンセントやTVアンテナ端子等もつけられるので、邪魔なコード類にもホコリがたまらず、見た目もスッキリとします。

POINT02
収納は動線上に

家族全員が使う掃除道具やストック用品は、廊下に収納場所を作るのがおすすめです。玄関に近い位置にあれば在庫管理もしやすくなり、同じ物をまた買ってしまうなども少なくなります。

POINT03
階段下も収納リフォーム

階段下は盲点になりやすい場所。この使われていないデッドスペースは、収納スペースに最適です。何を入れるかによって適度に区切ったり、中の物を引き出しやすいように工夫したりしてみませんか?プロの目で家の中を見渡せば、他にも収納に活用できるデッドスペースがあるかもしれません。床下リフォームやドア裏など、さまざまな選択肢を活用してみましょう。

リビング・押入れ・壁面リフォーム事例をご紹介

押入れの間取り変更事例追加しました。
メイン画像
リフォーム部分 1間の押し入れ
リフォーム費用
詳細はこちら
リビングで一番置きっぱなしになりそうなもの
メイン画像
リフォーム部分 LDK
リフォーム費用
詳細はこちら
収納庫のリフォーム
メイン画像
リフォーム部分 廊下に面した押入れ
リフォーム費用
詳細はこちら
押入れの収納リフォーム
メイン画像
リフォーム部分 押入れ
リフォーム費用
詳細はこちら

ページトップへ